契約転換時の年齢で保険料を計算

保険の契約を見直す、あるいは切替の時に必ず気になるのは新しい契約の金額です。a0015_000012

年齢による保険料の違いに注意する事が大切です。保険契約は継続する方が条件的には有利でも、契約時の年齢での金額設定になるので、今までの金額と比べれば高くなるものです。しかし終身保険や養老保険など、予定利率が高く、配当が高額になりますので解約・転換は損だったり、転換すれば得になるものでも、転換方式によって配当金が変わるので、注意して確認する事が必要になります。保険のセールスに頼らず、中立の立場で教えてくれる窓口を探して相談しましょう。保険会社のセールスには、特約を変更して価格を抑えてしまったり、契約者の資金計画とは関係なく転換を勧めているのですから、すぐに結論を出さずに調べてから契約を見直す必要があります。保険会社が困る事、他の会社に移る・会社の利益が薄い積み立て中の配当金が高額な保険を継続する、などを防ぐ為に、月々の金額を抑えた・解約返戻金がある・新しく特約がついた保険が安心、のような勧め方になってしまうので、注意して保険の内容を調べておく必要があります。中立の立場の保険センターなど、相談窓口を活用して契約を管理しましょう。

Comments are closed.