延長保険

「延長保険」は、保険料の負担が大きく支払いが困難になった場合に、以後の保険料の支払いを中止しても保障を継続できるようにする方法の子供11一つで、「延長定期保険」ともよばれます。
この制度は、現在の保険料の支払いを中止し、その際の解約返戻金を一時払いの保険料に充当することにより、一定期間中の死亡・高度障害のみを保障する掛け捨て型の定期保険契約に変更するものです。
この変更によって、従来の保険契約に付いていた各種の特約は消滅し、保険期間も短くはなりますが、死亡の場合の保障額は従来と変わりがないため、万一の場合にはまとまった金額を受け取ることができます。
注意点として、一定の解約返戻金がない場合にはそもそも変更が認められないほか、現在の保険契約の種類や保険会社によっては制度が利用できない場合もあります。また、解約返戻金をすでに充当しているため、変更後の定期保険をさらに解約する場合には、解約返戻金の支払いを受けることができません。
この制度により保険契約を変更した後、元の保険内容に戻すことを希望する場合には、変更から一定の年限以内であれば、医師による健康診査を受け、所定の金額を保険会社に払い込む「復旧」という方法により戻すことも可能です。

Comments are closed.