Author Archive

延長保険

「延長保険」は、保険料の負担が大きく支払いが困難になった場合に、以後の保険料の支払いを中止しても保障を継続できるようにする方法の子供11一つで、「延長定期保険」ともよばれます。
この制度は、現在の保険料の支払いを中止し、その際の解約返戻金を一時払いの保険料に充当することにより、一定期間中の死亡・高度障害のみを保障する掛け捨て型の定期保険契約に変更するものです。
この変更によって、従来の保険契約に付いていた各種の特約は消滅し、保険期間も短くはなりますが、死亡の場合の保障額は従来と変わりがないため、万一の場合にはまとまった金額を受け取ることができます。
注意点として、一定の解約返戻金がない場合にはそもそも変更が認められないほか、現在の保険契約の種類や保険会社によっては制度が利用できない場合もあります。また、解約返戻金をすでに充当しているため、変更後の定期保険をさらに解約する場合には、解約返戻金の支払いを受けることができません。
この制度により保険契約を変更した後、元の保険内容に戻すことを希望する場合には、変更から一定の年限以内であれば、医師による健康診査を受け、所定の金額を保険会社に払い込む「復旧」という方法により戻すことも可能です。

払済保険

今、加入している保険の月々の保険料がどうしても払えなくなってしまった時、解約以外にも保険料を納めなくてもよくなるような方法があるのを赤ちゃん19ご存知でしょうか。それが「払済保険」という制度です。
この制度は、今加入している保険に残っている解約金を使ってその時点で準備できる限りの保障額を準備し、そのまま解約金を据え置いておく制度となっており、保険料は払えないが、解約金が今すぐ必要ではない方や保障が全くなくなってしまうことに抵抗がある方にオススメの制度です。
この解約金は必要な時に解約すればその間運用をしているので手続き時よりも多く受け取ることが出来、またその保険期間は終身タイプになっていることが多いため、万が一の葬式代確保のためにそのままにしておく方も多いです。
ただし、貯蓄系の養老保険や年金保険等の場合は満期の時期は元契約と同じになっていることが多いので、手続き時には自分の契約がどういったものなのか確認が必要です。
また解約金のない掛け捨て保険等はこの制度を利用できないので、その点も踏まえた上で手続き時はもちろん、保険契約時にも充分検討することが大切となっています。
もちろんこの制度を使えば死亡保障額が大幅に減少してしまうことになるので、長期にわたって無理のないよう保険料を組み立てて計画的な保険プランを考えていきたいですね。

払済保険と延長(定期)保険

家計のやり繰りが苦しいなどの理由などから月々の保険料の支払いが困難になった場合に、現在の保険契約をすべて解約し、解約返戻金を受け取るというのも一つの方法ですが、これまでの積立てによってせっかく得られた保障が以後はいっさいなくなってしまいます。a0027_000273
このような場合、解約は最終手段として残しておき、現在の保険契約をできるだけ生かしながら、保険料の払込みをせずに済むような変更制度を活用することが求められます。
例を挙げれば、「払済保険」は、将来の保険料の払込みを中止するかわりに、その時点で得られる解約返戻金にあたる部分を元手にして、現在の契約の保険金額だけを減額するように変更する制度です。もとの契約に付帯していた特約はなくなってしまいますが、保険期間はこれまでどおり維持されることになります。
また、「延長保険」は、将来の保険料の払込みを中止し、その時点の解約返戻金を元にして、現在の契約の保険期間だけを短縮するように変更する制度です。付帯していた特約は同様になくなってしまいますが、保険金額には変わりがなく、万一の際にはこれまでどおり受け取ることができます。
なお、保険会社によってはこのような変更制度がない場合や、制度の利用に何らかの制限がある場合があるほか、現在の契約における解約返戻金にあたる部分が一定以上あることが必要になります。

契約転換時の年齢で保険料を計算

保険の契約を見直す、あるいは切替の時に必ず気になるのは新しい契約の金額です。a0015_000012

年齢による保険料の違いに注意する事が大切です。保険契約は継続する方が条件的には有利でも、契約時の年齢での金額設定になるので、今までの金額と比べれば高くなるものです。しかし終身保険や養老保険など、予定利率が高く、配当が高額になりますので解約・転換は損だったり、転換すれば得になるものでも、転換方式によって配当金が変わるので、注意して確認する事が必要になります。保険のセールスに頼らず、中立の立場で教えてくれる窓口を探して相談しましょう。保険会社のセールスには、特約を変更して価格を抑えてしまったり、契約者の資金計画とは関係なく転換を勧めているのですから、すぐに結論を出さずに調べてから契約を見直す必要があります。保険会社が困る事、他の会社に移る・会社の利益が薄い積み立て中の配当金が高額な保険を継続する、などを防ぐ為に、月々の金額を抑えた・解約返戻金がある・新しく特約がついた保険が安心、のような勧め方になってしまうので、注意して保険の内容を調べておく必要があります。中立の立場の保険センターなど、相談窓口を活用して契約を管理しましょう。

保険契約を下取りして新たな保険の一部に充当

「今の保険を下取りして、新しい保険に転換しましょう」という言い方をされることがあります。a0015_000012
生命保険などでよくあることですが、現在入っている保険を解約して、新たな保険に入りなおすことを言います。
主に国内生命保険会社の、営業担当がこの言い方をします。
歩合制で働いている営業担当にとっては、新規契約の数とその保険金額が成果になります。
いくつ解約されたかは関係ありません。
契約者にとっては、いくつも保険に加入したら保険料の支払いが持ちません。
そこで勧められるのが「保険の転換」です。
今入っている保険を解約して、営業が勧める新しい保険に入るように契約するのです。
解約する保険に解約返戻金があるなら、それを新しい保険の保険料に充当します。

年金タイプの保険に入っている場合は、転換には注意が必要です。
満期保険金や年金タイプの保険は「予定利率」で保険料を運用しているのです。
過去に6%、7%と高金利だった時代の保険を解約してしまったらどうなるでしょう。
高金利での運用は解約した時点で終わり、新たな保険の予定利率はせいぜい1.5%。
将来受け取れたはずの金額を大きく減らすことにもなりかねないのです。
逆に言えば、今後予定金利が上がれば低金利時代の保険を転換することは一考に値するかもしれません。

契約転換制度とは

「契約転換制度」とは、現在の保険契約の内容を見なおして新しい保険契約を結ぶための方法の一つで、「保険の下取り」とよばれることもあります。
a0002_004326保険会社でこの制度を扱っている場合には、現在契約中の保険により積み立てられた部分を「転換価格」として新しい契約の一時払保険料に充てることができるので、主契約と特約の組み合わせ方やそれぞれの保障額、保証期間などを総合的に変更するにあたり、同じ契約内容で新たな保険契約を結ぶ場合よりも保険料が割安になります。
転換価格を新しい契約のどの部分に充当するかについては、主契約のみに充てる方式、主契約と特約の両方に充てる方式など種類があり、契約する保険会社によっても違いがあります。
この制度を利用すると、以前の保険契約は消滅し、新たな保険契約に移行します。
ただし、既往症や持病などの身体状況の告知、または診査が再度必要になるほか、転換制度を利用する時点での年齢や保険料率により保険料が再計算されるため、毎月の保険料がこれまでよりも引き上げとなる可能性もあります。
このようなデメリットもあることから、保険業法では、保険会社が転換の利用を勧める場合には、転換以外の方法や、もし転換した場合の新旧契約の内容を比較した事項を記載した書面を交付することを義務づけています。

保険金減額制度

将来的に起こりえる不慮の出来事に備えて民間の生命保険などに加入をしている人は多いことでしょう。

a0002_004006一般的に民間の生命保険などの保険商品は長期的な視野で加入し続ける性格の金融商品であるため、最初に契約をした保障内容を後で変更することは簡単だとはいえません。
結婚や出産などの出来事によって家庭環境が変化した場合、当然のことですが必要になる保障内容も変わっていくことになりますし、経済的な理由からあらためて保障内容を見直したいと考える時期が訪れるかもしれません。
しかし、その度に保険を解約して新たに保険の契約を結ぶのは大変な手間となってしまいます。また、保険を一度解約することでそれまで支払ってきた保険料の一部がまったくの無駄となってしまいます。
結婚や出産などによってそれまでの保障内容をさらに厚いものにしたい場合、一度保険を解約して新しく加入し直すのが手間を考えると一番簡単の方法ですが、保険を解約する時期によっては健康状態による制限で保険契約を結べないこともあるので注意が必要となってきます。
また、家庭環境や収入の変化によって保険の補償額を減らしたいと考えた場合には、保険を解約せずとも保険金減額制度を利用する方法があります。この制度を利用することで保険金は減額されることになりますが、減額された分保険料の負担は軽くなります。

追加契約や特約の中途付加で増やせる場合

結婚や出産などによって世帯構成が変化した場合に、将来に備えて保険金を増額したいと思うことがあります。

a0002_000036このようなときに、これまで継続してきた保険契約を解約することなく保険金を増やすためのいくつかの手段があります。
「追加契約」はそのような手段の一つであり、現在加入している保険契約とは別個に、新しい保型契約を締結し、保障内容の充実を図るものです。この場合はあわせて2件の契約となり、追加分の保険料も支払うことになりますので、これまでよりも保険料負担は増える結果となります。
「特約の中途付加」は、現在の主契約となっている保険契約を維持したまま、定期保険特約などの特約部分を追加し、保障額をより大きくするものです。
一般には新規に保険契約を締結したときよりも保険料が安く済む場合が多いですが、身体状況の告知や診査が必要になる場合があることや、追加した部分の保険料が契約時点の年齢や保険料率によって計算されるため、逆に保険料が高くなる場合もあり得るという点がデメリットとして想定されます。
そのほかに契約見直しのための手段としては「契約転換制度」の利用がありますが、この制度では現在の契約が消滅してしまうという点に大きな違いがあります。

保障を増やす・保障を保障を減らす

保険のいま契約している保障を増やすべきかそれとも減らすべきかというのを誰かに相談したいと思うことも多いものです。
a0001_000584自分で内容を契約しているとはいえ、参考にしたのは同年代の人がどのぐらいの保険に入っているかというような口コミを見て同じようなものに加入しているという人もかなりいるはずです。
保険の内容というものに関しては、本当に人それぞれであるということが実は言えるのです。
家族が何人いるのか、持ち家か賃貸か、資産としてどのぐらい持っているのか持病があるかどうか。
さまざまな与件がかかわってくるということにもなるので、一概にどの保険がいいという事であったり金がくてきに自分自身に必要なものは一般的にこれだということが言えないのです。
ですからその時々生活の変化というものがあったりした場合に内容を見直すということが必要になってきます。保険のいいところというのはカスタマイズできるというところにも見出すことができます。
内容をより充実したものに加入できたり、扶養だと思うような内容を外したりというように自分の生活に合わせて衣服を脱ぎ記するようにカスタマイズを繰り返すことで充実した自分らしい内容の保険と契約をすることができるようにもなるのです。