保険の見直しのしかた

生命保険、自動車保険、火災保険・・・

a0001_000062
「もしも」の時の安心のために保険は必要ですが、知らず知らずのうちに不必要な補償までついていたり、内容がカブっていたりで、保険料が無駄になっていることがあります。
最近はネットでも申し込める商品が増えてきたことですし、これを機に保険見直しをしてみませんか?
例えば、「貯蓄型」の保険を「掛け捨て型」に変えると、保険料がかなり安くなります。
貯金してもついつい使ってしまうような人には、すぐに引き出せない貯蓄型保険は魅力ありますが、その分保険料は割高です。貯金は定期預金にするなど、他の方法で貯める工夫をすることも大切です。

ただし貯蓄型保険は、解約時期を間違えると払戻金が減ってしまうケースもありますので、契約内容をよく確認して、掛け捨て型との差額も考えながら、ベストの解約時期を見極めるようにしましょう。
また「生命保険が2社」など、同じ名目の保険に複数入っている場合は、補償内容もカブっている可能性が高いです。
「つきあいでつい契約してしまった」「家族が申し込んでいるのを知らなかった」といったケースに多いようです。
同じ種類の保険を複数契約しても、もらえる保険金の総額は上限があるため「全部もらえる」訳ではありません。
「知らなかった保険証書」がないかどうか家の中を総点検して、不要な契約は終了させましょう。